徳川美術館 徳川家のお雛様&早春の徳川園

こんにちは。はなはなです。

徳川美術館に行ってきました。優秀足スタントが、なんと招待券を当てた!!ほんとにあなたはすごい!
お雛様の時期になったので、さっそく行ってきました。
 入り口です。           

まずは、最初は徳川園から散策です。入り口で今の季節の花の案内のパンフレットがありますので、それを見て歩くといいです。
昨年も徳川園にきましたが、たしか、1月なかばでした。牡丹がきれいでしたが、今回も牡丹はとってもきれいでした。見ごろの品種を順々に入れ替えているのかな??
連鶴という品種で、純白です!!
今回も外国からの団体さんがいましたね。日本文化を勉強するのにいいところですよね。日本人の私も勉強しますよ。自分の国のことを知ることは、大事ですよね。


ボケの花。真っ赤でかわいらしいです。
                  
          花王という種類の牡丹です。濃いピンクです。

茶室の近くに咲いていた、白梅とピンクの梅。どちらもきれいです。枝振りがすばらしい大きな梅はまだ、このときはちらほら咲きでしたが、この1週間できっとかなり咲き進んだと思います。フラワードームの開催時には、無料のシャトルバスが両会場を往復するそうです。詳しくはこちらをどうぞ。入場券も割引になるんですね。

つばきもきれいでした。マンサクも咲いているというので、園内をマップを元に散策しなおし・・・。マンサクモードの目にならねば。おお、あった、あった!

ちょっと縮れ気味のマンサクですね。なんかやっぱり、地味だけど、かわいい。。。

ハクサンボクの実がたくさんなっていました。初夏に白い花が咲きます。

さて、お楽しみにしていたお雛様です。今日は、利休の泪の茶杓も特別公開だそうです。


どの雛道具もすばらしいのですが、特に今回すてきだなと思ったのが徳川美術館のHPにあったので、ちょっと写真を借りてきました。お輿入れの道具のミニチュア版なんですよ。蒔絵もそのまま、小さくしてかかれています。すごいですね。ため息が出ます。他にもミニチュア貝合わせがあったり、眉をつくるお道具があったり、茶道具があったり。お雛様に行き着くまでも、超すばらしい展示品ばかりなんですど・・・・。さすがは、徳川家です。
右は利休の泪の茶杓です。3月3日までの公開だそうです。

あまりしっかり見すぎてもうダッシュで帰る時間になり、お買い物もできなかったです。最後に、和の寄せ植えが気に入ったのでそれだけ写真に収めてきました。

ほんとにすごい。。。あの雛道具。まだ見たことの無い方は是非どうぞ。