ロウバイ  冬のサツキとメイの家

こんにちは。はなはなです。

今年の冬は、ちょっと寒いですね。
寒いけれど、春は確実に近くにきてますよね!!

この季節に咲く可憐な「ロウバイ」をご紹介します。そうそう、去年は松平郷のロウバイを紹介しましたね。

今年は、こちら、どこのロウバイでしょう~~~??
松平郷の素心蝋梅(ソシンロウバイ)とは、種類が違いますね。花弁も白っぽいし、花心も紫色をしています。

答えは、こちら、サツキとメイの家~~inモリコロパーク~~の受付横。

たくさん花をつけている横に、もう1種類?のロウバイ。こちらは、先ほどの満開のロウバイとは違って、もっと花弁が黄色くて、でも、ソシンロウバイのように黄色一色ではないです。つぼみがたくさんついているところを見ると、満開はもう少し先かな?

サツキとメイの家ですが、平日の10時の観覧で、連れと私2人の貸切!!スタッフさんは、その3倍??今の時期、穴場ですね。まだ行ったことのない方がいたら、ぜひ、この機会に。土日はそれなりに予約も入っているそうですが、まだ、回によっては空きがあるので、当日早めならだいたい当日券が存在するそうです。
トトロにモリコロ。


草壁さんちですね。こちらは映画当時から1年後の昭和36年。お母さんも退院して親子4人で暮らしているという設定です。お部屋の中の扉や引き出し、サツキちゃんのランドセルなど、どこを開けてもよく、いろいろなものを発見するのがとっても楽しいところです。冬の季節に行ったのは初めてだったので、洋服ダンスも冬用になっていました。お母さんの手編み?のサツキちゃんとメイちゃんの色違いのかわいいマフラーと手袋を発見して嬉しかったです。

かわいいステンドグラスの窓。   メイちゃんかサツキちゃんかお絵かきの途中かな?

トトロが驚いて飛び出したときに折れた縁の下の木枠。土間のあるタイルづくりの台所。台所用品もよくよくみるとその当時のものが丁寧にあつめられています。

屋根の瓦にも特徴が・・・。鬼瓦が「と」(トトロのと)になっています。こちらは瓦職人さんが特別に焼いてくれたそうです。かわら美術館にいってきたばかりだったので、ひょっとしてこの瓦は高浜から??とか思いました。

日本庭園に行くと、庭師さんたちが作業していました。おお、我が家の庭も冬の間に剪定しなくちゃって思い出しました。


生垣のナンテンが赤くてとってもきれいでした。


雪囲いのモリコロが日本広場にいました。西駐車場からすぐのところです。不思議なモニュメントも・・・。

お昼は、観覧車の近くまで歩いて、モスバーガーを食べました。

日本庭園の入り口にある休憩所のところには、あとで発見したのですが、500円でいっぱい入ったお弁当が売っていました。とってもお値打ちでおいしそうでした。
モリコロパークも今年はcop10に向けて急ピッチでまた、整備がすすみそうですね。楽しみです。

最後にもう一度ロウバイ。ほんとにかわいい花です。見つけたら是非香りも楽しんでくださいね。すごいいい香りですよ!!