赤そばを見に行ってきました。~~長野県松川町~~

こんにちは。はなはなです。

赤そばを見に行ってきました。とにかくいいです!南アルプスやら、駒ケ岳の雄大な山々に抱かれて、ブラボー!!です。

今が見ごろですよ~~。

中央自動車道を松川インターで降りて、153号線を北上。
飯田線の伊那田島駅を目指します。今回は母とでかけました。

すると、赤そばののぼりが道のあちこちに立っています。そして、赤そばまつりはこちらという看板を頼りに左折。ブドウ畑の横の駐車場に停めました。
駐車場は無料。ブドウ畑の反対側には白い蕎麦の畑がありました。北海道のジャガイモ畑を思い出すような風景です。

さて、案内にしたがって坂を少し登ると、もうそこは赤そばの畑!!いや~~、きれいです。

赤そば畑の横にはテントが張られていて、地元の人が農産物を出しています。
珍しい赤そば豆腐とか、赤そばの乾麺。他にも超新鮮なおいしい野菜。こだわりタマゴで作った米粉のシフォンケーキ。そしてなんといっても甘みたっぷりなフルーツ。
今回いろいろなものを買い込んできましたが、トマトがとってもおいしかったです~~。
あ、買い物だけでなくて、もちろん、花も楽しみましたよ~~。ほんと景色が素敵です!!!

ここには、乾麺だけで赤そばを食べられないようなので、シフォンケーキを売っている方に聞くと、153号線沿いの数軒のお店で食べられると教えてもらいました。やっぱり食べ物(笑)。
しかし、もうすでにここにたどり着いた時間が1時・・・(汗)赤そば粉は貴重で、どの店も限定数しか出していないとのこと。もう少し早くこないとどうかな~~って言われました。
嬉しいことに、ここで穴場を教えてもらいました。


地図の⑤福味というお店ですが、中華料理やさんのため、まさか蕎麦がおいてあるとは!!ってことで、残っていることがあるとか・・・。電話してそばがあるか聞いてくれた上、そのお店まで連れていってくださるとのこと。人情厚いですね~~~。ほんとにありがたいです。

さて、こちらが赤そば。白いそばと違って、黒い点々が少なく白っぽかったです。腰が強いと聞いていましたが、どちらかというと、ふんわりした感じに思えました。
真ん中の豆腐は赤そば豆腐。こちらはゴマのほどではないですが、風味がついておいしかったです。
あとで、おまけをつけてくれましたが、こちらが赤そばの花の天ぷら。これがとってもおいしいんです。茎の部分は残しましたが、花のところがぱりぱりしてなんともいいお味でした。

松川インターの近くまで戻って、りんご園の直売所によってみました。どんどん試食させてくれて、買ってきました~~。

さらに、母の希望で、元善光寺に。
10年以上前にやはり母と来た記憶があります。母はここのおもしろい住職さんのお話がお気に入りです。松川インターからは道が混んでいなくて思ったより近かったです。

遊歩道には、彼岸花がたくさん迎えてくれました。

稲穂の黄色と赤色の対比が美しいです。     お寺には彼岸花がとてもよく似合います。

夕方近くなってきたので帰路につきました。そうそう、赤そば畑にすごい立派なカメラと三脚を持ってきている人が結構いて、福味のご主人さんの話からわかったんですが、飯田線の電車&この赤そば畑&駒ケ岳という組み合わせで、鉄道写真ファンのポイントになっているそうです。なるほどです!!どうせなら、飯田線の時間を調べていけばよかったです。(残念)

赤そばまつりは、10月18日までだそうです。一度、目と舌で味わってみてくださいね~~。