湯元榊原舘の素敵なお食事&お湯

こんにちは。はなはなです。いよいよ夏休みまでカウントダウンですね~~。

今年は、18日からお休みになる??ので45日間~(汗)。
そんな夏休みのお出かけ情報(そんなって何?)として、ひとつなかなかいい旅館を見つけたので紹介します!(はなはなは5月に行きました。)

先回レポした津の「御殿場海水浴場」から西に1時間ほど山に入ったところにあります。津は、海あり山ありでおいしいものもたくさんありますし、愛知発のお出かけ場所としては、なかなかいい場所だと思います!!

榊原温泉といえば、京都からのお伊勢まいりの途中に立ち寄る名湯として、かの「枕草子」にも紹介されたほどのところです。

駐車場の車には関東からの車もけっこうありましたよ~~。久しぶりに、旅館にお泊りです。超楽しみ~~。(子供たちもかなり興奮気味)

チェックインがすむと、まずは、抹茶とお菓子のおもてなしをしてくれます。子供にはオレンジジュース♪

まずは、ひとふろ浴びて、夕食。温泉はまろやかな湯で、美肌効果が期待できそうな湯でした。
夕食は、「厨草子」(くりやぞうし)というダイニング(食堂)自家製の米・野菜など、安全で体に優しい食材を使った料理を出してくれます。
川や山の景色も間近に見えて、ゆったりとした座席でくつろぎながらいただけます。もちろん、部屋食のプランもあると思いますが、このダイニングもすごくいいですよ~~!!
さてさて、「美と健康をテーマとしたふるさと会席」のはじまりはじまり~~~。



食前酒は季節のワイン 厨草子風。
そして、先付が 筍天ぷら、木の芽、イチジクのうすい豆すり流し、アスパラ、新じゃが芋照り煮、スナップエンドウ、黄パプリカ
向付 かんぱち、鯛、鮪、甘海老の造り 海草サラダ麺

先付の写真の奥に味噌のように見える調味料は、「醤(ひしお)」(古代の発酵調味料)、他にも岩戸の塩、塩コショウがそえられていて、お好みでつけて食べてくださいと言われました。

(そして、これが、幼児用のお子様食!!(器が本格的で、息子めちゃ大喜び!!) 

ハンバーグがでっかいレタスにのってたり、フライドポテトのソースが3種類も用意されていたり・・・。カニ好きな息子はカニグラタンに大喜び!!

国産黒毛和牛ヒレ肉鉄板焼き お肉がやわらかくてさいこ~~~。

温泉野菜蒸しです。久居のキャベツ、榊原シイタケなど地産地消もテーマになっています。
とにかくすごい量の野菜が食べれます。私は、長男と一なべだったので、ほぼ1.5人分は食べました。
ここで蒸されるものに、「季節の果物」が入っています。このときは「びわ」。ホットびわ、初めて食べました。(笑)お風呂で食べるみかんの雰囲気です。
今何が蒸されているんでしょうか・・・。ホットすいか?ホットメロン?ホットプラム??いや~~、微妙です。
右は、筍ご飯 焼きねぎの入った味噌汁、漬物。

デザートは、キウイシャーベット、メロン、さくらんぼ、伊勢茶プリン、小豆、白玉、そして、ばらふ・・・。ばらふ??
すごく不思議な食べ物。初めて食べたけど、塩味がします。

体にいいものお腹いっぱい食べました。ご飯の残りは、おにぎりにしてもらいました。

朝、大浴場でなく、屋上の展望風呂にいきました。
展望はさほどでもないですが、とにかく朝のすがすがしい光と風の中で入るお風呂は格別でした。展望風呂は朝がおすすめ。

お風呂がすむと、ゆっくりめの朝ごはん。朝からいろいろとおかずがあります。明太子までついてるじゃんっ。

クレオパトラや楊貴妃も愛用の美肌効果抜群の真珠粉がつけられていて、飲むヨーグルトに混ぜて飲みました。(あ、子供の分ももらって、2人分・・笑)
ご飯やおかゆが選べました。これは、赤いお米のおかゆ。

お魚の干物も選べて、その場で焼いてくれます。

超満足の旅館ライフを味わいました。このあと、御殿場海岸にでかけ潮干狩りを楽しみました。

この榊原温泉の近くには、、青山高原があり、風力発電の風車が回っています。
あと、あまご料理の一の坂というところがあり、ここのあまご料理はかなりおすすめです。
サイトは無いのですが、情報だけ載せておきますね。

このあと、同じあまご料理のお店「坂本小屋」を紹介します。内容的にはかなり似ています。参考にしてください。一の坂のほうが、ちょっと愛知から行くにはアクセスがいいかなと思います。