無量寿寺のかきつばた ~~愛知県知立市~~

こんにちは、はなはなです。無量寿寺のカキツバタ、最終だというので、駆け込みで見てきました!報告がちょっと遅くなりましたが、5月15日のことです。

去年は、刈谷の洲原公園の北西にある野生のままの群落を見てきました。ブログ記事こちら

順路の一番奥の「心の字池」の様子です。やはりちょっと遅めだったかぁ~~~。花を見るときって、5、6分咲きのときがいちばんいいみたいですね。
枯れた花もないし・・・これからは、花を見に行くときの鉄則にしましょう・・・・。

入り口を入ると・・・・なんか香ばしい香りが・・・・あ、たけのこを焼いている~~~。写真を撮らしてくださいと言ったら、おじさんが、ファイヤーを見せてくれました。
超大喜びのはなはなとゆうゆちゃん。サービス満点のおじさんは何回もファイヤーを見せてくれました。(笑)もちろん、1本ずつ食べましたよ。しっかりたれがついていて、たけのこがやわらかくて、おいしかったです。おじさん、ありがとう~~。

毎回、花より団子状態のわたしたちです・・・・。(苦笑)
次に見たのは、ひともとすすき。片手で結ぶと良縁に恵まれるとか・・・。まあ、はなはなもゆうゆちゃんとこも、もうこれから良縁に恵まれると、家庭騒動が起きちゃうからあえてやりませんでした(笑)。

はい、やっと本題のカキツバタ。
いやあ~~、全体は少し遅めではありますが、カメラから覗くときれいな花がたくさん♪
去年見たカキツバタも野趣あふれる感じで素敵でしたが、こちらの手入れの行き届いて、栄養たっぷりの育ちのいいこと・・・(笑)
まさに箱入り娘といった感じです。

こうしてみると、和紙でできているような風合い。

小さな橋があって、八橋の雰囲気があちこちに・・・。今年は、大きな池の土に病気が発生したということで、土ごと植え替えたので、まだまだ株間があいてちょっとさびしい状態の場所が数箇所ありました。でも、元気な株がいっぱい大きくなってまた、元通りになっていくことでしょう。

こちらはトイレ。トイレまでカキツバタ(笑)。

奥の「心の字池」は、とてもきれいでした。青紫の花がほんとに風情があります。松や日本家屋をお互い引き立てています。

最後に入り口に戻ってきました。入り口のところもとってもきれいに咲いていました。

案内板もあるし、周辺の散策もおもしろそうです。あ、そうそう、こちらには、期間限定(1ヶ月間だけ)地域限定の八橋(食べるほう)の「かきつの香り」が買えます。一袋250円で気軽に買える値段です。白餡で、あっさりとしたくせのない味になっています。色がカキツバタ色です。こういう限定ものやっぱり弱いんですよねえ・・・。こちらでもおじさんが、紙袋おまけしとくよ~~なんて言ってくれるもんだから、買ってしまいました。ありがとうおじさん。

かきつばたまつりの案内はこちら。5月26日までだそうです。