愛・パーク開園!! 瀬戸万博記念公園  ~瀬戸市海上の森~

こんにちは。はなはなです。
温かい日が続きますね!

さてさて、今日3月20日(金)は、万博の瀬戸会場だったところの「天水皿n」(これ、ほんとはn乗で字の肩に乗っけないといけないんだけど、できましぇんでした・・・涙)のまわりにできた公園がオープンするというので行ってきました!

朝、雨が降っていたので、かなり萎えている子供たちを引きずり、11時過ぎにモリコロパークに到着して、リニモで八草へ。すでに、カラーキッコロは登場し終わったあとだし(涙)

愛パークは、かなりこじんまりした公園ですね。天水皿がなければ、近所の公園とあまり変わらない感じです。『リニモ早春ウォーキング』のゴール地点になっていたので、このこじんまりした公園に人があふれていました。3000人参加のこのイベントは、11時前にはに受付終了になっており、つまり、3000人はこの場所に来たってことですよね。それでも、遊具で遊ぶ根性のある子達・・・。雨上がりで泥だらけだし・・・(涙) 

万博関連の資料館がありましたが、あとでゆっくり見ようと思ったら、後で書きましたが、空腹に耐え切れず・・・、見ないで終わりました。
瀬戸の木である椿の木のたくさん植えてあるコーナーがありました。先着500人に椿の木、無料配布していたんだけどね・・・。(おそすぎ)

今日は全く駐車場がない状態で、シャトルバスが運行されていました。本来は、ムーアカデミー側に20台ほど?あと、愛パークのところに40台ほど(地図を見る限り)置けるスペースがあるようです。最寄の駅(愛知環状鉄道 八草or山口駅)から徒歩20~30分ということで、ここに来るには、ウォークラリーでもないと、やっぱり車に頼ることになりそうです。


瀬戸愛知県館の1階2階部分を使って作られた、あいち海上の森センター(ムーアカデミー)、里山遊歩ゾーンは以前からありましたが、その少し上の屋外ステージのあった場所(万博当時、海上広場)がきれいになっていて、「天水皿n」のあるところと遊歩道でつながっていました。この地図でいうと黄緑色の部分が整備されたということです。

屋外ステージはほぼそのままの状態で残されていて、万博の記憶がよみがえったのか、長男は「ここで結婚式をみた~~。」って話していました。
中孝介さんのいい歌声が響き渡っていました。人垣で、お顔をちらりと見ただけ・・・。
ちょうど、餅の振る舞いの配布が終了したばかりで、「が~~~ん。」って話していたら、おじいちゃんが、一皿わけてくれました。次男は大好物のきなこもちだったので、カメラを出す暇もなく食べてしまいました。。。(子供と一緒のお出かけってブログに向かない・・・涙)

幼児森林体験ゾーンという施設ができたとかで、なんだかちょっと楽しそうですね。わが子たちは、微妙な年齢になってしまいましたが・・・・。この日も幼稚園?の子達がデモンストレーションのためか、スモックにカラー帽子姿で来ていました。こんな小さいころから、安心して、里山に触れて遊べる場所があるなんていいですよね。今まで、こういう施設ってあまりなかったのでは??


今度はもう少し人が少ないときにゆっくり回ろう・・・。人が多すぎて・・・。

ムーアカデミーの2階(半屋外)の場所で、森のクラフトができるというのでやらせてもらいました。ここに2時間はいたな・・・。
はい、作品です。長男のは、楽器(かなり見てわかりますね!)ばちが収納できるところと、真ん中に葉っぱをつけて自然の感じをだしたそうです。
次男のは、よくわかりませんが、好きなものをいろいろくっつけたようです。ダンボールに竹のトンネル。そのトンネルをくぐらせる棒。大好きな迷路とあみだ。木と木の実で作った飾り。やっぱりよくわかりません(笑)。楽しければよいってことで。しかし、この強風の中これ、無事に持って帰れるのだろうか・・・(汗)。

さて、お腹がすいてきたので、何か食べようということになりましたが、モリコロパークに戻って「すがきや」のラーメンを食べる!っていうので、もう私は、限界通り越していましたが、その工作をかかえてモリコロパークに帰りました・・・。きなこもちをくれたおじいちゃん、ありがとう。。。あれがなかったら、もたなかったわ。私。

モリコロパークについて、やっとラーメンにありつけました。子供と三人で、4杯食べました。そしてこんなのも・・・。「いちご姫」なる新登場甘味250円也~。あ~~、歩きつかれた体に効くわ~~。最後にきれいに咲いている花桃の花を眺めながら、満足して帰路についたのでありました。

また、海上の森周辺については、時間があったら、訪れてみたいです。3月末にはシデコブシの花が咲くそうです。
ムーアカデミー(海上の森) 
愛・パークオープンイベント