香嵐渓の豆腐料理のお店「薫楓亭」

カタクリレポートのグルメ編。

2キロほどのウォーキングで、とってもお腹がすいたので、足助の村まで行ってからランチという計画は、ここのお品書きをみてもろくも崩れ去りました。だってなんだかおいしそう・・・。

お店は、テラス席があって、ちょっと肌寒かったけど、そちらにしました。(今思うと、花粉症なのに無謀ですねえ。。。。)
テラス席の様子。

テラス席からの眺め。川がきれいです。紅葉の季節にしかほとんど来たことがないので、とっても静かな感じがしました。

右はお茶。「寒茶」というそうで、寒い季節に茶葉を取って、そのまま入れたお茶です。もんでいないそうで、ちょっと普通のお茶とは違った風味がしました。

くみ豆腐。白和え。さしみこんにゃく。どれもとってもおいしい!!くみ豆腐はたれもおいしいですけど、写真にもありますが、添えられている塩でたべてみると、より豆腐の味が引き立っておいしいです。おいしい豆腐は、豆腐だけでもおいしいですよね!!

こちらは、湯豆腐。薄い色のおつゆで薄味なのに、おいしい・・・。我が家の味付けって・・・って反省させられる一品(笑)。

煮物とサラダ。煮物に入っている豆腐はしっかり、固めの豆腐で。食べ応えがあります。サラダに入っている豆腐は、ゴマドレッシングとの相性がとってもいいです。

最後にご飯にお漬物、おからの入ったお味噌汁。ちょっと味噌汁の味が変わっていると思ったら、おからが入っていたんですね。
漬物の中には、「キクイモの味噌漬け」が入っていました。優秀足スタントは、いたく気に入ってこちらを買っておみやげにしていました。

最後はデザート。寒天なんだけど、味はしっかり豆腐という不思議な代物でした。もちろん、おいしいですよ!

サービスもとっても気持ちよくて、おからを無料ですきなだけお持ち帰りできるコーナーもあって楽しいです。紅葉の季節にはお得な1000円ランチもあるそうです。HPはこちら