2008紅葉前線 南下中№5  ~~松平郷~~

秋の松平郷です。11月14日現在の紅葉情報です。
気持ちがよいので、散歩などしてみました。

第1駐車場から高月院のほうに向かうとちゅうです。ちょっと早かったという印象です。山の陰にはいっているところでは、色づきが遅くなっているようです。
日当たりのよい駐車場では、かなり見ごろになっています。

松平東照宮の鳥居のあたりは、黄色のイチョウと赤いモミジがきれいでした。朝だったので、日陰にはいっていて、写りがいまいちですが・・・。


こちらは、高月院の駐車場の入り口にある立派なもみじです。青空に映えてきれいでした。

境内にいくと、クイズラリーの問題がありました。松平の名所を数箇所めぐって、答えを提出すると、商品がもらえるらしいです。ちらっと見たところによると抽選で10万円??とか書いてあったような・・・(ホント??)。松平郷では、高月院と展望台に問題があります。

高月院から、東照宮に向かう坂道です。ここの景色が一番好きかな~~。室町塀がなんとも風情がありますね。以前にも松平郷はブログで記事にしたことがあるので、そちらも参考にしてください。http://aiode.net/blog/e70.html今見たら、トップの写真がイケメン親氏さんだったんですね。(笑)
何書いてんだか・・・・。

枝の先までまっかっかですね・・・・。綺麗です~~。

こちらの地図が、松平郷の見所地図です。天下池の入り口のところをとった写真です。親氏さんの足元に近づいてます。

ちょっと親氏さんの足元を通り過ぎて、階段を登っていくと、つわぶきの黄色い花が群生してました。
クマザサと相性がいいんですね。なんだか落ち着く景色です。和のシェード(日陰)ガーデンといったところですね。さらにあがっていくと、展望台への道があります。
クイズラリー(10万円)の問題が見たいっていう気持ちと、ちょっと歩いてみたいという気持ちがして、さらに登っていくことに・・・。

途中、地図でもわかると思いますが、松平太郎左衛門さんのお墓がありました。
お墓の写真を撮るのは趣味じゃありませんけど。

ここから、470メートルとかいてあり、7分の道のり。
ずっと登りですが、坂は緩やかで、歩きやすいです。でも、さすがに、途中で暑くなって上着を脱ぎました。

急に右手の視界が開けて見えました。立派な展望テラス!
っていうか、車の道が通ってるんですけど、目の前に・・・。(笑)車で回ってきたら、展望台まで50メートルですねえ・・・・。(笑)

かなり立派な建造物です。

一番上にあがると・・・・、豊田の町から、名古屋市のほうまで見渡せます。

クイズラリーの問題は、ここにこないとわからない問題でした。興味のある方は、ぜひこの展望テラスに上ってみてくださいね。
こんな立派な建造物、もったいないですよ~~。景色はさほどではありませんけど。
展望テラスの一番上には、環境調査をしているというお兄さんがいました。鳥を見ているのだとか・・・・。

さてさて、景色とクイズラリーの答えを控えて、(もう応募する気まんまんです。笑)
来た道を帰りました。帰りは、下り坂ばかりなので、かなり早く親氏さんのところに戻れました。

親氏さんの、モミジを背負って哀愁たっぷりな背中をご覧ください。

松平東照宮横のお堀のモミジです。ここが綺麗になるのは、もう少し先のようですね。
ここが赤くなると、お堀に映ってさぞかし綺麗と思います。

東照宮のある反対側の歩道の脇に、「笠掛けのかえで」という木があります。
すぐそばに、見初めの井戸(跡)があります。う~~ん、ラブストーリーがありそうですね!
説明書きがありました。親氏公が高月院をたずねる道すがら、このかえでの木に笠を掛けて休憩していると、アヤメを摘んでいる美しい水姫がアヤメを井戸の水に一輪さして差し出したそうです。それが2人のラブストーリーの始まりだったとか・・・・。それ以来この場所は多くの男女を結びつける場所になったそうです。井戸は今は埋まっていて、天下茶屋の東に復元されています。

まだ、縁に恵まれない方は、ここに来て帽子を掛けてみるといいかもしれません。もしも、今後、ここで縁をさずかった方は、BBSにてご報告お願いします。