2008紅葉前線 南下中№2  ~~せせらぎ街道・岐阜清見&郡上~~

こんにちは。はなはなですっ。高速道路の料金が一律1000円になるって話があるそうですね。
そんなことになったら、はなはな日本全国どこまでも行っちゃう~~、テント持って(爆)。家族にそう話したら、本当にやりかねないって顔されました。(笑)

さて、紅葉のお知らせ、第2弾です。
今回は、せせらぎ街道に行ってきました。郡上から高山に抜ける、とちゅう400円(普通車)の有料区間のある道路です。
せせらぎ街道沿い今が見ごろです!

峠付近は少し落葉が進んでいますが、高低差があるので、街道沿いのどこかはきれいです。今は街道の広範囲できれいな状態です。
街道の途中途中の見所に駐車場があって、停めて周辺を散策という感じです。この日も連休初日で、かなり混みあっていました。

今回、はなはな大失敗してしまったんです。大事な大事なデジカメのメモリーカードを自宅のパソコンに残したまま出発。2枚撮ったところで気がついたんです(号泣)。
そのため、今回の写真は内臓メモリーで撮った数枚しかなく、その辺なにとぞご容赦ください。根性で、レポします~~~。(苦笑)


まずは、東海北陸道&やまびこロード(白鳥と荘川を結ぶ山あいの道)を北上。10時ごろ牧歌の里のあたりに到着。途中のやまびこロードの道沿いもせせらぎ街道に負けないぐらいきれいでした。牧歌の里の前の道から、西側は、白山がもう雪景色。冬が近づいていることを感じさせてくれます。ここの景色は、雄大な感じで、はなはなお気に入りの場所です。


途中の156号線の道沿い、山のてっぺんから裾までほんとに錦色です。あちこちで車を停めたくなります。

10時すぎ、荘川であいの森に到着。休憩&散策。この荘川であいの森は、広場に遊具、ちょっとしたハイキングコースがあって、朝1の散策にはもってこいの場所です。今の季節は、紅葉も楽しめます。カラマツの葉が雪のように降ってくるのも子供たちはとっても喜びます。

ハイキングコースには、橋あり、山道あり、噴水あり、川あり、休憩所ありで、秋の自然を手軽に楽しめます。木々には、しっかり名札がついているので、木のことも良くわかります。カツラの木は葉っぱがハート型でまるっこくて黄色でかわいいとか、ナツツバキの木の幹は、油絵タッチで色が塗ってあるみたいで、芸術的だとか・・・。下の息子は朴の葉がでっかいことに感動してお持ち帰りです。


さて、小1時間遊んだところで、少し北上して、今度は156号線とお別れして158号線を高山方面に向かいます。途中、5連水車のあるBBSで、伊吹さんが紹介してくださった蕎麦屋さんの「心打亭」に行きました。

時間が少し早くて11時半だったので、まだ、混んでいませんでしたが、12時には、待っている人が出るほどです。蕎麦作りの見学や水車で粉を引いているところは今日はお休みらしく、残念でしたが、蕎麦の味は満喫してきました。新そばとあってなかなかおいしかったです。子供たちは、そうとう蕎麦がおいしかったらしく、会計のおばちゃんに、おいしかった~~。パパにもお蕎麦買って帰ると宣言していました。(そんなこと言ったら買うしかないじゃん・・・)

写真はあったかいとろろ蕎麦。付け合せについていた、新じゃがの煮物がまたおいしかったです。子供たちの食べたざる蕎麦を横から一口食べましたが、ほんとにおいしかったです。でも、ちょっと肌寒かったので、ついあったかいほうにしてしまいました。でも、あったかいほうもかしわのお肉がおいしいし、つゆの味もおいしかったです。

お腹もいっぱいになったところで、せせらぎ街道の入り口へとひた走りに走りました。

せせらぎ街道の北の入り口は、今、いろんなお店があっておもしろい場所がたくさんありますね~~。今回は寄ることができませんでしたが、また見てみたい場所がいっぱいありました。見所紹介のサイトを貼っておきますので、クリックしてご覧ください。子供たちがもっと小さいころこちら方面にきて雨降りで困ったとき、数回遊ばせてもらったところが「ポレポレハウス」です。絵本がたくさんおいてあって、子供たちが自由に読むことができます。こちらのママさんが、かつて仕事をしながら育てた4人の子供たちのために集めた本だそうですが、1000冊を越えるということです。可愛い雑貨がおいてあったり、ちょっとした軽食も食べさせてもらえたり、窓から見える景色や、庭のお花を眺めたり、絵画展も開かれたりします。(入場は有料です)


さて、せせらぎ街道に入ると、川の横を緩やかにカーブしながら道が続き、目を引くような赤い紅葉から、ブナの白いふんわりとした枝、黄色やオレンジのさまざまな広葉樹。駐車場で車を停めて、落ち葉を集めるのもとっても楽しいです。

川の淵に降りれる場所もあり、青い水の底の小石まで一つ一つが見えるぐらい透き通っています。その水の上を落ち葉が流れてとても美しいです。途中で、おおくら滝というところがあり、滝までハイキングできるというので、寄ってみましたが、滝まで、のぼり40分ということで、今回は母と同行していたので、今回はやめることにしました。このあたりは、オートキャンプ場もあるので、来年以降のお楽しみにとっておくことに。。。おおくら滝のあたりは、紅葉は終わりだそうです。街道沿いよりも少し早めだそうです。

このあたりで子連れでなかったら、森林浴しながら、コーヒーとスイーツで、休憩を満喫するところです。道沿いには、心惹かれるカフェがあちらこちら・・・・。そこはまあ、今回あきらめて、道の駅パスカル清見で、休憩にしました。3時ぐらいでした。第二駐車場までいっぱいになる盛況ぶり。ホテルの前のちょっとした遊具で子供たちを遊ばせて、道の駅でおやつを物色。牛玉焼をゲット・・・(あれ、スイーツじゃなかったっけ?笑)。この牛玉焼なるもの、たこ焼きのタコの代わりに飛騨牛が入っています。これがとってもいけてます。

さて、次なる目的地は明宝温泉
明宝温泉「湯星館」は、露天風呂もあるし、うたせ湯や、ジャグジーもあるし、小さいながらも施設がととのっています。岩盤浴もあるんですね。この日はにぎわっていたのか、30分待ちでした。(4時)この温泉の嬉しいところは、大人が500円。小学生250円。幼児がただ!!っていう料金設定です。タオルは持参しましょう。

最後に道の駅明宝で、あまごの塩焼きをゲットするはずが、もう今日はすべて完売ということで、店じまいしてました。(5時)一匹300円って紹介されていますが、400円でした。でも、ほんと安いですもんね!温泉でゆっくりしてる場合じゃなかった。(笑)

郡上インターに入ったのが7時ごろ。帰りはあまり渋滞もなく、すんなりと帰ってきました。少し値段は高いですが、おいしい郷土料理を食べるならということで、一つお店を紹介しておきます。芳花園さんです。こちらの天然鮎はとてもおいしいのだとか・・・。ちょっとお金を貯めたら、行ってみたいお店です。