ドールハウス 6つの楽しみ展 ~ おかざき世界子ども美術博物館 ~

ドールハウスの好きなお友達と行ってきました~~。

先日も紹介したおかざき世界子ども美術館の9月6日から11月3日までの企画展です。企画展は大人300円です。岡崎市の小中学生ならわくわくカードまたは生徒手帳持参で無料です。


ドールハウスと聞くと、子どものものと想像してしまいますが、じっくり見たり、案内の人のお話を聞いたりすると、大人同士で是非ゆっくりみていただきたいと思うものでした。

入り口のところでしか、写真撮影ができなかったので、その写真を載せておきます。

見ると、作った人の情熱が伝わってきます。窓からそっと覗いてみると・・・・

中には、クリスマスの飾り付けがありました。小さななリース、小さなツリー、壁の絵、テーブルに並んだごちそう・・・。どれもほんものそっくりに精巧に作られていて、ほ~~っとため息がでます。

焼き物なども一枚一枚職人さんが成形し、焼いて絵付けをして、本物と全く同じように一つ一つ焼き上げています。

この企画展のために、ピーターラビットの作者ポターの家「暖炉の間」を特別に製作して、初公開されています。

私が驚いたのは、ドールハウスというと、家とその中だけだと思っていたのですが、庭のミニチュアがあったのには驚きました。ドールハウスもイギリスが本場。ガーデニングもイギリスが本場。その組み合わせなので、あって不思議はないんですけど・・・・。

植物は真鍮でつくられいて、一枚一枚、葉や花びらを丁寧に彩色したその作品の美しさには、ほんとに驚かされました。

最後に、ビデオコーナーでは、「メアリー王妃のドールハウス」(BBC放送)が流れていました。英語の解説なのが残念ですが、映像だけでも、そのドールハウスのすばらしさがわかります。エレベーターまでついてますからね・・・。英国王室、すごいです・・・。(ため息)

映し出された建物が、ドールハウスだと気づかなかったほどです。(笑)是非、大人だけで、鑑賞してみてください。(子どもは途中で絶対飽きます)

子どもの手が離れたら、是非イギリスに一緒に行こうと誓い合った二人なのでした(笑)。

外の木々がだいぶ色づいていました。秋ですね・・・。イギリスは遠いから、とりあえず、次は山に行こう。(笑)

近くには、いろいろランチのできそうなお店がありましたが、火曜日なので、◇◇ストアの火曜特売にいって1週間のまとめ買いして、焼きたてパンなんでも100円コーナーに行って、ランチしました。

本日はリーズナブルなコースをご紹介させていただきました。