かつやま恐竜の森・化石堀体験  ~~福井県・勝山市~~

こんにちは。
かつやま恐竜の森の化石堀体験やってきました~~。

まず、この発掘の体験は、予約をしてでかけたほうがよいです。我が家の場合、この3連休の予約を8月の22日ごろに取りました。1週間前には予約終了になっていました。どのくらい前から予約すればいいのかはちょっとわかりませんが、夏休みの場合は1日3回実施されるのが、9月からは、土、日の1日一回。平日は行われませんので、回数が少ないです。11月から5月の連休前までの冬シーズンは開催されていません。

行った日は、11時から12時までの1時間の体験でした。
恐竜博物館の手前に体験ゾーンがあり、そこに車を停めて、10時半ごろ事務所で受付をしました。そこで、料金(1人300円)と引き換えに貸し道具の券と発掘体験証をいただけます。11時まで、そこの展示などを見たり、実際に掘る場所を下見したりして時間を過ごしました。
受付・駐車場から見た化石堀体験の場所です。


横断歩道に恐竜のあしあとがあります。(なかなか芸がこまかい)

白い屋根のついている場所が、入場までの待合場所。注意や説明を受ける場所でもあります。黒い屋根のついているほうが、発掘現場です。

朝、雨だったので、一応、雨具、レインコートは準備していきましたが、現地について、その雨具はほぼ必要がないことがわかりました。レインコートはきっと化石を掘り出す作業のとき邪魔になることでしょう。1時間のことですし、濡れたら着替えというほうがいいと思います。夏の暑い日も、屋根つきはありがたいです。

発掘体験現場のアップです。こちらの岩は、恐竜の骨が続々と発見されている北谷から運んできたものです。運がよければ、恐竜の骨も見つかる可能性が!!


5分前、化石堀のやり方について説明・注意の話がありました。それが終わると、道具を貸してもらえて、レッツゴーです。右が貸してもらえる道具。ハンマーとたがね。そして、ゴーグル。


化石を含む石は結構硬さがあって、水平に鋭利に割れます。あちこちでとんてんかんやってますので、他のとこからも破片が飛んでくることがあります。
ゴーグルも貸してもらえますので、ちゃんとつけましょう。軍手も必需品です。最近はホームセンターなどで子供用の軍手も売っていますので、子供用のほうが滑りにくくていいとおもいます。勝山では、持ち帰りは、8cm角(だいたいです)のを3つまでとなっています。最後に3つお気に入りを選んで終了です。

収穫はこちら。1cmほどの巻貝。子供たちは大収穫と喜んでいました。

こちらは、幹か葉?の化石です。薄い灰色の部分がそうです。

これは8mmほどの二枚貝。同じく灰色の部分です。真ん中下のほうです。

これは、巻貝?の化石です。あかっぽくなっているところがそうです。

瑞浪の化石堀の記事も参考にしてください。

2つの場所の化石堀を比べてみて、勝山のほうが、もと沼地だったということで、恐竜の骨など大物がでますが、淡水ですので、大型の貝などの化石はあまりでないようです。植物の化石はたくさんでますが、かなりもろいです。瑞浪は海だったので、貝は大型のはっきりしたものが出てきます。大物は?です。

予約が必要で、有料ではありますが、設備(日陰・道具)が整っていて、大物が出るかもしれない(大物が出たら、持ち帰れませんけど)勝山。予約不要で何時間でも(これが曲者です。笑)挑戦できる川原の瑞浪。持ち帰りも制限されていません。周辺の施設は、勝山には大きな恐竜博物館・公園があります。瑞浪もサイエンスワールドまで含めればかなり大きな科学体験施設があります。どちらもかなり魅力的なゾーンです。

はなはなは、1時間で終わり!っていうのが嬉しいかも。我が家の息子たち、かなりしつこいタイプなので炎天下3時間ってことも(苦笑)。そして、ある程度満足した成果が得られるまで帰れない(汗)まあ、遠いのでそうそう行けませんけどね。勝山は・・・・。
恐竜博物館や、公園の報告はまた後日。