東海北陸道で行ってきました! 五箇山合掌集落&海水浴&キャンプ&なぎさドライブウェー

こんにちは。以前に「祝東海北陸道全線開通!」っていうことで、見所を案内させていただきました。

今回、東海北陸道を走って遊びに行ってきました。
東海北陸道でのお出かけは、高速道路の割引があるのはご存知ですか?ETCを利用できる車だけの割引ですが・・・。私は今回日数が合わなかったので、使いませんでしたが、かなりお得です!!
詳しく知りたい方はこちら

1泊2日のコースで4500円!東海北陸道は、2車線から1車線になるところで、どうしても渋滞が起きてしまいます。以前は美並と美濃あたりでしたが、現在は郡上八幡と大和や白鳥のあたりが渋滞しています。状態によっては、下道の156号線のほうが流れがスムーズなときがあります。この割引を使えば、高速道路に乗ったり降りたりも気軽にできるので渋滞回避もできると思います。2008年9月30日までで、出発の2日前までに申し込みが必要なので注意してください。

朝1で、まず五箇山合掌集落に行きました。世界遺産にもなっている合掌村です。白川郷と比べて規模は小さいですが、こちらも山間の素朴な雰囲気がたくさん残っていていい感じです。

今回は、菅沼集落に行きました。有料の駐車場に停めて、エレベーター(驚)で集落に降ります。9時半ごろ到着したのですが、すでに暑くて、地下道がとても涼しくて嬉しかった~~。

五箇山民俗館と塩硝の館を見ました。2館共通券で大人300円です。民俗館は、2階にはしごで登れるところがあり、子供たちはそれだけでもちょっとした探検気分。1階には、かなりたくさんの展示物がぎっしりつまっていました。写真撮影は禁止だったので写真はありません。そのなかに「ささら」の音を出す体験ができる場所があって、子供たちに触らせることができました。写真はカキ氷を食べたお店においてあったささらです。お店のおじさんが子供たちにうち方を教えてくれました。

塩硝の館は、この合掌村が、火縄銃の火薬作りをしていた歴史を紹介している場所です。ここには、影絵があったり、火縄銃を的に向かって打って当たると、映像が始まる仕掛けがあり、本物の火縄銃を持つことができたり、合戦の様子を繰り返し見ることができて、なかなかいいです。受付の方もとても親切に説明してくれて、歴史のあんまり得意でない私にもよ~~くわかりました。ぜひお立ち寄りくださいね。

カキ氷を食べた場所で、五箇山豆腐を食べました。ちょっと固めですが、ぎゅっとしまった感じでおいしかったです。左下の味噌はふきのとうの味噌。この味噌と五箇山豆腐、とっても相性がよく、おいしいです。そばも食べたかったのですが、お昼時には早く、お昼は氷見でお魚を食べることにしていたので、お腹を減らしていくことにしました。五箇山の情報はこちらです。五箇山生活館など、まだまだ見所がたくさんあるようなので、またの機会に訪ねることにします。秋がよさそうですよね!!

さて、東海北陸道を終点まで、そのあと能越自動車道を終点まで、氷見へ。寒ブリで有名ですね。道の駅氷見に立ち寄りました。そこで、レストランで魚料理を満喫・・・。(かなり混雑して席についてからも料理が来るまで待たされたのでちょっと疲れました。)魚はさすがにおいしかったです。
市場で、今日のキャンプのためにほたてと海老をゲットして、その他の食品をバローで買い出しして、いざキャンプ場へ。わたしたちが向かったのは大島キャンプ場。初めて自分たちでテントをはる本格的なキャンプに挑戦です。


このキャンプ場は予約不要で、車がテント横に置けること、海水浴場まで近くて、遠浅の海で泳ぎやすいということをHPで読んで決めました。HPはこちら
実際行ってみると、海水浴場まで近いし、炊事場、温水シャワー、コインランドリーなど設備面でもなかなか良いし、松林もあって多少の日陰があったのもよかったです。私たちのような初心者でも、快適に過ごせました。

夕方までかかってなんとかかんとかテントを設営して、待ちきれなくなった子供たちといっしょに海へ。
海はとってもきれいでした。砂が細かくてとてもしまっていました。1時間半ほど海にいると、いよいよ夕日がきれいにながめられるようになってきました。


100円の温水シャワーで体を洗って、夜は、バーベキューをやりました。少し暑かったですけど、テントの中は意外に快適でした。風もありましたし、蚊も少なかったです。夜は、ペルセウス座の流星群をながめていました。暗い流星が多かったですが、あまり目の良くない私でも6個ぐらい見ることができました。

朝、5時半には明るさで子供たちが目を覚ましました。6時ぐらいには、朝食の準備。7時ぐらいには食べ終わって、後片付け。もう8時には、暑くて海に。


こどもたちが作ったオブジェです。
海でこんなに泳いだのは久しぶりっていうか初めてかも。とてもおだやかな海で、ゴミも少なくて、ほんとに遠浅で、素足でも海の中に岩もないので、とても気持ちよく、海特有のにおいまで少なかったような・・・。そういえば生き物が少なかったかな??ヤドカリとヒトデはいました。魚もいましたがたくさんはいなかったなあ・・・・。昼まで泳いで、海の家でラーメンを食べて、午後にキャンプ場をあとにしました。せっかくテントを張ったので、もう1泊ぐらいしてもよかったな~~と思いました。


能登まで来たので、近くの「巌門」という景勝地を訪れることに。散歩コースを歩きました。午前中泳いで、キャンプ撤収をやった体には応えました・・・。(笑)
こちらの海の色は深いブルーでとてもきれいでした。あと、巌門にいく途中にあった花のミュージアムフローリィとかアリス館も観光できます。今回は行かなかったけど、2泊したら、暑い日中是非行きたいです。


そのあと、車で20分ほど南に下ったところにある「なぎさドライブウェー」を通りました。夏の「なぎさドライブウェー」は初めて来たのですが、道の両側が駐車場になっていて、車の前にパラソルなどをおいて、その前の海で海水浴をしている人がいっぱい。延々と数キロもそれがつづいています。主人はその様子が、日本じゃなくてサンフランシスコとかみたいだ~~って話していました。ここで海水浴もいいなあ~~。来年も海キャンプに来たくなりました。


その後能登有料道路に入って・・・・そうそう、以前に紹介しました、道の駅「高松」によりました。ありました。明太いわしせんべい
あと、おみやげ物で、おすすめなのが「ひっぱり餅」(黄な粉がおすすめです。)弁慶がついたのが始まりと伝えられるお餅です。なかに甘納豆が入っていて一つでは済まず、つい2つ目を食べてしまいます!

一応ここで、北陸キャンプ編終了ということにします。さらに紹介したいところが3箇所くらいあるので、また後日アップしますね。