2008年6月アーカイブ

こんにちは。はなはなです。

桜のつぼみ、すごく素敵なお店です。先日前を通り過ぎたときに、気になって引き返したぐらいです。そのときも、外まで桜の香りがただよってきてただならぬ雰囲気でした。

そのときは満席で1時間半以上あとでないと、入れないということで、丁寧に案内され、(その案内の方も感じのよい方でした!!)そのときは断念。でも、びびびっときた私は、今度はここでランチ!!と決めていました。

予約を入れたほうが確実です。ランチは11時からです。店内に入ると、落ち着いた雰囲気で、和モダンといった感じです。床が板でなくふんわりとした感じだったのもびっくりでした。よく見ると畳敷きでした。4人でしたがゆったりとした椅子席に案内されました。畳敷きに椅子って不思議です。とちゅう、やはり香のよい香りがしました。

さて、注文したのは、季節変わり弁当「染井吉野」1575円~~。(ちょっと贅沢っ)

運ばれてきたお料理を見て一同、わ~~~~。

稲沢のあじさい

毎年6月上旬に「あじさい祭り」が開催される、稲沢市の大塚山性海寺(しょうかいじ)へ行ってきました。性海寺は、真言宗智山派の寺院で818年(弘仁9),空海が建立したとされています。80種1万株ものあじさいが植えられています。

地図はこちら

「あじさい祭り」は6月15日に終了していますが、あじさいはまだまだ見頃でした。

002.jpg

バラにはちょっと遅いかも・・・と思いましたが、いい天気(すぎ??)だったので、花フェスタ記念公園まで行ってきました。

先週の金曜日(6月13日)です。真夏を思わせるような気候でした。暑い暑い・・・(汗)


入り口です。入ると、案内の方が地図を見ながら、丁寧にバラのある場所を教えてくださいました。

バラは盛りをすぎて、下り坂だそうです。

途中、メインの周回道路が暑かったので、林間コースへ。途中小型動物を2匹見たのですが、何だったかは確認できませんでした。


展望台に登って下のバラ園を見ました。

毛虫がたくさんいて、触らないように、踏まないように気をつけながら撮影しました。緑が濃くなって夏の景色です。バラは確かに盛りをすぎてますね・・・(涙)

稲武から、南へ国道257号線を10分ほど。そこに道の駅の「アグリステーション なぐら」があります。
こちらには新鮮な野菜があります。

それにおすすめの食べ物が・・・・・。


刈谷のハイウェイオアシスの横に岩ヶ池公園がオープンして2ヶ月あまり。話題のハイウェイオアシスでしたが、またまたすごい人気があがっているそうです。

最近岩盤浴の気持ちよさに目覚めた私の、今回の主な目的は、天然温泉「かきつばた」の千寿洞、万寿洞とフィッシュテラピーです。

まずは、刈谷のハイウェイオアシスのオススメを自分なりにまとめてみした。公園の係員さんにもいろいろ教えていただいたことも交えてお伝えします。

各国料理の第3弾 今回は、タイ料理行ってみました。
場所は、豊田市竜神町。昔、高砂殿だったところの向かい。いかにもタイらしい建物なので、すぐわかります。

この時期、天気がよくなくて蒸し暑い日が続くと、体も元気がなくなりますね。そんなとき!
カプサイシンの力を借りましょう!!タイ料理の代表、トムヤムクンスープは、カプサイシン+体によい「酢」も取れます。

店の中です。タイの雰囲気いっぱい。お店の人もタイの方で、「サワッディカー(こんにちわ)」と声をかけると、すてきな笑顔で返してくれます。(タイは微笑みの国ですよね!!)

友人とジムでエクササイズするつもりが、あまり天気がいいので、急遽予定変更!
三河湖にドライブに行って、ボートに乗って、散策しようということに・・・。さて、どうなることやら・・・。

豊田市街から30分ほどで、目的地到着。こんなに近くだったんですね~~。

ボート乗り場はありましたが、平日とあって、誰も係りの人はいないし、観光センターの人に聞いてみると、電話番号を教えてくれました。近くの料理旅館「かじか苑」さんが貸しボートの管理もされているそうです。
0564-86-3320 平日に行かれる場合は前もって連絡を入れておくといいと思います。今回は、突然だったので、かじか苑さんも対応ができないようだったし、久しぶりのボート漕ぎで、女ばかりだったのでちょっと見合わせました。1時間1000円で乗れます。釣りをする人が利用することもあるそうです。バスが釣れるみたいです。


緑がまぶしくて、爽やかでそのへんをぶらぶらしていたら、カワトンボがいました。手で捕まえることもできました。高台になっているところもあり、バードウォッチングなどもできそうです。

なんだか小腹がすいたってことで、楽しみにしていた山遊里さんのホットドックを食べに移動しました。う~~ん。運動もせず、いきなり腹ごしらえ(笑)。