伊吹山

岐阜県と滋賀県の県境にある伊吹山は標高1,377m
天気が良ければ名古屋からもその姿を見ることができます。

この山には面白い記録があります。
1927年に観測された11.82mの積雪は世界山岳気象観測史上1位の世界記録なんです。日本海、琵琶湖と水の上を通った湿った空気が大量の雪を降らせたのでしょうね。

「伊吹山ドライブウェイ」で標高1,266mまで行くことができるので、夏は関ヶ原インターから渋滞することもしばしばです。
駐車場


「伊吹山ドライブウェイ」は険しい崖に道路を取り付ける難工事でした。それだけに道路も落ちたら命が無い所を通っています。
事実過去に何度も転落事故がありました。
伊吹山ドライブウェイ

名古屋から見える=名古屋が見える・・・はずだけどこの日は天気がイマイチ
濃尾平野

山頂から登ってきた道を見下ろしてみる。
ドライブウェイ遠景

伊吹山は野草の宝庫で頂上付近のお花畑では珍しい高山植物などが見られます。
(採取することはできません。)
お花畑

平成13年3月31日をもって観測を終了した「伊吹山測候所」は切り立った崖の上に建っています。
伊吹山測候所

最後に、低い山だと侮ってはいけません。ガスがかかる(雲の中に入る)と視界はほとんど利かず、気温もかなり下がります。6月に雲がかかった時に行ったことがありましたが、山頂までの遊歩道もすぐ近くしか見えず不安になるし、半袖で行ったため吹き付ける冷たい風で手が痺れてくる始末。堪らずトイレに逃げ込んだら気温は10度くらいでした。

※ 写真は2003/08/10撮影の物です。