栂池自然園 2007秋

子供たちと山登りがしたい!!っていう夢があります。下の子も5歳になったので、まずは手軽に歩けて、でも、山の雰囲気の楽しめる栂池自然園に行ってきました。愛知からだと4時間ぐらいかかります。ちょっと日帰りはきついかも・・・。山は朝が勝負です。朝早くから登り始めるとなると、近くにお泊りってことになります。手軽な民宿などもありますので、それを利用してもいいですね。

この日も、朝ちょっとのんびりしていたら、だんだん雲行きが怪しくなってきて・・・(泣)。ロープウェーの乗り場についたころには、小雨が降ってきました。早めのお昼ご飯を食べていたら、雨がやんできたので、出発しました。だんだん景色も見えてきました。ブナの白い木肌が湿原にうつってきれいです。

      

1周約、5.5キロ。3時間半と案内されていました。ワタスゲ湿原までの小回りならパンプスでも歩けますが、その先は、トレッキングシューズがあったほうがいいです。雨具と雨やチョコ、飲み物などは必需品です。


木道がきれいに整備されていて、快適に散策ができます。

小さい子は、平坦な道なら、思ったよりも速く歩けるものですが、大人には、何でもない段差や階段などが苦戦します。

小学生ともなれば、身軽さも手伝って、ハイペースです。(すでについていけないです。)

このコースの一番奥には、白馬岳の大雪渓が拝める「展望湿原」があります。
だんだん、天気が回復してきて、期待大!!今ならきれいに見えるはず~。がんばって歩きました。

5歳の下の子は、旦那とマイペースで歩いてもらって、先を急ぐことにしました。

いよいよ、展望湿原!!と同時ににわかに山すそから白雲が~~~~(ええええ~~~!!)
一瞬みえたんだけど、カメラを出す間に真っ白に・・・

展望台で、雪渓を拝んでいたみなさんが、「もう少しだったね~~。さっきまで、よ~~く見えてたんだけどね~~。でも、先に来たお兄ちゃんはちゃんと見たと思うよ~~。」
息子に確認すると、「あれがそうだったのかなあ・・・??」(笑)

そんなものですよね~~。初めて見るもんだし。。。

その後は、雪渓は雲にお隠れになったまま二度と見ることはできませんでした。(泣)あとから、来た旦那と5歳も残念・・・。

これで、今度はあの雪渓の上を子供と歩くぞと決意を新たにするのでした。(笑)


帰り道は、違う道を通りたいということで、ちょっときつい感じの山道をおりました。

http://www.vill.otari.nagano.jp/kanko/tugaike-shizen/

このコースマップでいくと、展望湿原から、雁股池のほうです。雲がかなりかかっていて、展望はよくありませんでしたが、山道を降りるのが子供たちは楽しいらしく、どんどん、下っていってしまいました。

3時間弱で歩けました。ちょうどいい運動です。

子供たちに大自然を体験させるってすごくいいことだって思います。是非行ってみてください。

私たちも、ぜひ今度は早起きして、リベンジします!!(笑)