2008年4月アーカイブ

他のお国のご飯って、魅力的ですよね。とくに、カレーについては、最近ナンで食べるのが一番おいしいって思うようになりました。

今回は新しくオープンした「スバカマナ」豊田店についてです。場所は、名鉄豊田市駅&愛環新豊田駅の間のT-FACE B館9階にあります。

東側の席は、大きな窓で開放的で、とても景色がいいです。夜は夜景とか見えるのかな??ランチの時間に行ったのでわかりませんが、ちょっと興味があります。
入り口はこんな感じ。お店の名前の「スバカマナ」はネパール語でおめでとうの意味だそうです。

入ってみると、落ち着いた店内にラーマヤーナの神様が飾ってあったりして、早くも異国情緒たっぷり。それに、料理している人など、店の方がほとんど、異国の顔立ちの方でした。ほりが深くてすてき~~って、何見てるのか。。。お料理のレポでしたね(笑)

花遊庭~~豊田市~~

豊田市の中心部から少し南に、豊田ガーデンというお庭屋さんがあります。花も小売していますが、その横に「花遊庭」という美しいお庭があります。ここでは、こんな庭造りができますよっていう提案がてんこもりです。庭を眺めながらの料理、軽食、喫茶もあり、「ガーデンウェディング」まで手がけています。

いやあ~~。きれいですね~~。季節の花が咲き誇っています。つい最近(2008年4月1日)リニューアルオープンしたところで、見て見て~~って花たちが言ってます。

この日は、レストランでランチも・・・って思ったのですが、ちょうど、その、「ガーデンウェディング」の真っ最中でした。レストランは貸切でしたが、CAFEのほうが営業していたので、そちらで軽食をいただきました。

オープンテラスで気持ちよかったです。食べたのは、チャバタサンド二つ(照り焼きチキン・ヘルシーごぼうとエビ)サラダ・飲み物のセットで1000円。チャバタサンドはあと2種類ベーコンとトマト・サーモンとクリームチーズがあります。ピザトーストもおいしそうでした。こちらは飲み物とセットで700円。胚芽入りのパンでした。次回は、レストランのほうに行って、またレポしたいと思います。

モリコロパークに「寿がきや」ができたというので、行ってみました。

寿がきやといえば、愛知県の庶民のラーメンですね。(笑)私は、3ヶ月食べないと禁断症状まで起きてくるんです。(おいおい)
まあ、近頃は、ショッピングセンターのフードコートでお世話になることがとっても多いので、禁断症状の心配はいりませんけど・・・。

寿がきやのある場所は、万博会場では「コモン6」の2階建てのインドカレーのお店だったところです。って言っても、万博に行ったことのない方には全然説明になっていないですね(汗)。万博l記念館の西側の坂を下りたところにあります。

以前にモリコロパークに行ったときに、その建物だけポツンと残っていたので、何になるのか気になってはいたのですが、1階は、花の苗などの売店になっていて、2階がすがきやになっていました。


すーちゃんが見えます。

2階に上がる階段も、エレベーターも万博当時のまま・・・。グローパルループからの橋があったなごりだ~~っていう場所があったりで、懐かしかったです。

愛知、名古屋で野球といえばドラゴンズですが、それ以外に野球で有名な人がいます。
名古屋のすぐ北、豊山町出身のイチロー選手
そのイチローに関する展示施設が豊山町にあります。

イチロー展示ルーム「(アイ・ファイン)」

I-fain 外観

内部は写真撮影禁止なので文章のみのレポートとなりますご了承下さい。

木曽駒ケ岳に登ろう!!

10月の連休に、駒ケ岳に行きました。紅葉がはじまり、超混雑が予想されるので、朝5時の出発です。

7時半ごろ、父母と駒ヶ根のサービスエリアで待ち合わせ。
8時前にはロープウェーの駐車場に着く。ロープウェー乗り場までのバスの待ち時間40分ほど。やっぱり予想通りすごい人出。

バスは山道のためかなり揺れます。車酔いに弱い方は、必ず酔い止めを服用してください。そして、できれば、1本やりすごしても、座っていきましょう。30分ぐらいかかりますので。山登る前に疲れちゃいけないもんね。

ロープウェーの駅に着いたら、あれえ~~~。2時間以上の待ち時間・・・。やっぱり、連休ってすごい。。。
子供たちは飽きてしまうかと思いましたが、滝に行くハイキングコースがあったり、虫がいたりで、なんだか楽しく過ごしていました。おやつや飲み物は必需品ですね。ハイキングコースも時間がたつにつれて、混みあい・・・(涙)
私たちが滝で遊んだ帰リ道は、滝を見るために100人ぐらい人が並んでました(泣)。大変なことです・・・・。渋滞するハイキングコースなんてはじめてです。

さて、お昼近くなってから、やっとロープウェーにのりました。山は朝が肝心。やっぱり、雲がかかってきました。
頂上行ってなんにも見えなかったら、悲しいね~~って話になったけど、こんなに待ったんだから、乗ってしまえ~~。



乗って大正解。
途中雲でなんにも見えなくなったあと、雲を突き抜けて雲上の世界へ・・・・(歓喜)

ロープウェーの中でも歓声があがります。みんな同じ気持ちだったみたいです。

実家に帰る途中、見つけました。おいしそうなパン屋。

和食っぽい昼食を買って行こうと思っていたんですが(それも買ったけど)、ついつい引き返してしまいました。

まずは、店のたたずまい・・・。かわいいでしょ。

このお店2007年の1月にできたばかりだそうで、道から目立たないから通り過ぎる人が多いそうです。

それを見つけた私って。。。(笑)さあ、店内に入ってみましょう。

おいしいって評判のつけ麺屋に行ってきました。一時期は行列ができるお店だったらしいです。
豊田市の泉町にあります。ホームセンター「ヤマニシ」の近くです。

まずは看板・・・・すごい目立つ配色です(笑)


店内はさほど広くありませんが、麺の工房が真ん中にあって、興味をそそります。メニューをみると、しょうゆつけ麺、みそつけ麺、唐つけ麺、中トロつけ麺などなどがあります。唐つけ麺は、「コーラ」が使ってあるそうです。

私は中トロつけ麺のみそ味を頼みました。ラーメンとは違った麺のため、少し茹でるのに時間がかかりますとのこと・・・
う~~ん。楽しみ。。。

そして運ばれてきました~~~。(嬉)

オーストラリア記念館

大阪万博が終わった後、オーストラリア館が四日市に移設された事は知っていました。東名阪もなかった頃、名四(R23)を通るとオーストラリア館の独特な姿が見えて、一度近くに行ってみたいと思っていました。まだ子供ですし、あそこを通る時はもっと遠くに行く途中ばかりで、立ち寄ってもらうことはできませんでした。そのうち、東名阪が開通したら名四を通ることも無くなり存在自体忘れていました。

愛・地球博のオーストラリア館で展示されていた巨大カモノハシがこの四日市にあるオーストラリア記念館に展示されたとのニュースを聞いて、いつか行ってやろうと思ってました。そして、ついに思いを遂げることができました。

それではまず、外観から見ていきましょう。
オーストラリア記念館
恐竜のように思える外観ですが、葛飾北斎「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」
の波と富士山がデザインのベースだそうです。

河川環境楽園

岐阜県にある「河川環境楽園」の情報です。
出発点は名古屋市北部、2006/05/05の情報です。

さて、交通手段です、かなり迷いましたが、R22経由としました。
R22をひたすら北上、木曽川を渡ったところで測道におり、右折して堤防を走ります。標識に従って行けば西口駐車場にたどり着きます。
もう一つの選択肢としては、名神高速→東海北陸道→川島PAに駐車して遊ぶ方法もありますが、出発地によってどちらがいいかは決めかねますね。

ドッグラン(庄内緑地)

いやー、犬飼っているとおでかけの自由度がぐーん下がります。(涙)
まあ犬をダシに出かけることも可能でありまして・・・ちょいとおでかけしました。
場所は名古屋市西区の庄内緑地、ココには無料のドッグラン
(犬を放して遊ばせることができる施設)があります。

ナガシマスパーランド

三重県桑名市長島町にある国内有数の絶叫マシン宝庫、
東海地方はもとより関西地方からの来園者も多いのが特徴。

2006/04/29に家族で出かけた模様をレポートします。

伊勢湾岸自動車道ができて交通の便が良くなった方も多いと思いますが、名古屋市北部に住んでいる私は東名阪長島ICの方が便利です。
広大な駐車場に車を置き、この時は動いてなかったスチールドラゴンを横目に見てジャズドリームナガシマの横を通り、ゲートに向かいます。

ラグーナ蒲郡

春休み最後の思い出作りに、ラグーナ蒲郡に行ってきました!!

今回の目的
子供たち・・新しいアトラクション「マジクエスト」であそぶ!!
私・・・タラソテラピー&ショッピング
旦那・・子守(ごめん!!)

ゆっくりめに朝出発しました。10:30ごろラグーナ到着。とりあえず、ラグナシア入場。パスポートを購入。

瑞浪市化石博物館

近場で化石堀体験のできる場所です。瑞浪市化石博物館の野外学習地です。瑞浪インターからとても近いので、車のアクセスがとてもいいです。
私の弟も、子供の頃ここで、化石堀体験をさせていただきました。親子2代で掘ってもまだ、化石が出てくる場所ってすごいですね。

まずは、化石博物館のほうに出向いて、そこで、許可をもらってください。道具の貸し出しはしていないので、準備していってください。ハンマーとたがね、ブラシなどです。
あと、軍手も必要です。ハンマーでがんがんたがねをたたくと必ず手もうちます。できれば、小さい子は、たがねをスポンジとかに刺して直接手を打たないようにすると良いと思います。

許可をいただいたあとに、車で5分ほど行ったところに、野外学習地があります。地図はいただけますので、博物館の学芸員のかたに申し出てください。

こんな感じの場所です。全く日陰がありません。日焼け止め対策はしていってください。近くにコンビ二もありますので、暑い時期はちゃんと水分補給をしましょう。私たちは9月に行ったのですがかなり暑かったです。くらくらして、何回もハンマーで手をうちました。(笑)

伊吹山

岐阜県と滋賀県の県境にある伊吹山は標高1,377m
天気が良ければ名古屋からもその姿を見ることができます。

この山には面白い記録があります。
1927年に観測された11.82mの積雪は世界山岳気象観測史上1位の世界記録なんです。日本海、琵琶湖と水の上を通った湿った空気が大量の雪を降らせたのでしょうね。

「伊吹山ドライブウェイ」で標高1,266mまで行くことができるので、夏は関ヶ原インターから渋滞することもしばしばです。
駐車場

しらびそ高原

知る人ぞ知る山岳ドライブの穴場「しらびそ高原」を紹介します。
長野県下伊那郡上村にある南アルプスへの入り口「しらびそ峠」近辺の高原は、標高1900メートル、眼前には南アルプスの山々が広がるお勧めスポットです。

しらびそ峠 白樺

うなぎ屋「淡水」

うなぎの焼き加減ってどのくらいがおいしいのか、人それぞれちがいますよね。

蒸すような感じのふっくらした食感が好きな方やかりっとした若干硬い感じがお好みの方・・・

我が家のうなぎ好きな旦那のおすすめが、この「淡水」。
福井県三方五湖のほとりにあります。
海水浴やら、三方五湖観光のついでにぜひお寄りください。

こちらのうなぎは「天然口細青鰻」というそうで、焼き加減は、表面がかりっとです。中はしっとりです。

たれも、濃い目です。おいしいですよ。肝吸いもうまいっ!!!

おすすめは、もちろん、うな重の上 3150円也~~。です。写真をご覧ください。
白焼のファンも多いそうです。一度、ご賞味あれ~~。  

うなぎ淡水  福井県三方上中郡若狭町鳥浜127?10 淡水   ℡0770-45-1158

私が大好きで、リピーターのように通っているのが、デンパーク。愛知県安城市にあります。
私は、花が大好きで、庭にもいろんな花を植えて四季おりおり楽しんでいますが、そのときの色取りやら、花の種類やらの参考にしている場所がここです。とっても勉強になります。行けばわかりますが、手入れが行き届いていて、新しい流行をいち早く取り入れた庭作りがされています。

これは、2007年の秋のデンパークです。

秋というと、オレンジとか黄色の花が多くて、私が考えると配色がワンパターンになってしまうのですが、やっぱり違いますね。

紫の葉物を上手に利用して、とっても華やかな花壇になっていて、びっくりしました。

オレンジ系統と赤紫、つなぎに青紫のサルビアを使ってあり、それが小花なので、バランスが取れていると思います。

越前ガニ

3月末、越前ガニ食べに行ってきました。行ったお店は「料理旅館こばせ」


越前ガニの漁期は11月はじめから、3月末まで、特に、メスのカニは1月10日までしか獲らないと、自主規制されているそうです。

ああ、この情報アップするころには、すでに、漁期がおわってますね。次回の11月までがまんがまん~~。

夕食に出てきたものは・・・・1人1匹の茹でガニ~~~。

越前ガニである証明は、黄色いタグだとか・・・ちゃんとついてますね。

そして、カニの刺身にカニ味噌っ。

モリコロパークのスケート場に行ってきました。だいぶ古い情報なので、ちょっと変わっているかもしれませんので、様子だけ参考にしてくださいね。手袋は用意していってくださいね。服装は・・・夏といえども、肌見せは涼しすぎます(笑)。10℃ぐらいだそうです。私たちの行ったのは3月なので、結構厚着でした。転びやすい人は、下半身は厚手のものをお召しください。(笑)


まずは、靴を借りて(有料です)、ひざやひじにサポーターを巻き、ヘルメットをかぶる(無料でリンク近くにおいてあります)。

そして、いざ氷の上へ・・・気分だけは、まおちゃんや、ミキティなんですけどね・・・。体は全く違います。(笑)

お昼ごはんは、リンクの横にあるお店で食べることができます。きしめんなんてあったかくておいしそうです。

この日は、食べ物を持参して行ったので、無料休憩所で食べました。

栂池自然園 2007秋

子供たちと山登りがしたい!!っていう夢があります。下の子も5歳になったので、まずは手軽に歩けて、でも、山の雰囲気の楽しめる栂池自然園に行ってきました。愛知からだと4時間ぐらいかかります。ちょっと日帰りはきついかも・・・。山は朝が勝負です。朝早くから登り始めるとなると、近くにお泊りってことになります。手軽な民宿などもありますので、それを利用してもいいですね。

この日も、朝ちょっとのんびりしていたら、だんだん雲行きが怪しくなってきて・・・(泣)。ロープウェーの乗り場についたころには、小雨が降ってきました。早めのお昼ご飯を食べていたら、雨がやんできたので、出発しました。だんだん景色も見えてきました。ブナの白い木肌が湿原にうつってきれいです。

      

1周約、5.5キロ。3時間半と案内されていました。ワタスゲ湿原までの小回りならパンプスでも歩けますが、その先は、トレッキングシューズがあったほうがいいです。雨具と雨やチョコ、飲み物などは必需品です。

越前かにミュージアム

福井県越前海岸にある越前かにミュージアムを紹介します。
越前ガニを中心とした、カニの生態やこの越前海岸の漁業の歴史などを知ることができます。
館内の展示に手作りの温かな雰囲気のあるいい施設と思います。
宿のおかみさんに「海遊館とかを見慣れている子供たちにはちょっと物足りないし、あまりカニは動きませんからね~~。」って言われたんですが、うちの子供たちはとっても楽しんでいました。写真は館内の越前海岸の海の中の様子のジオラマです。