川越火力発電所

三重県の川越火力発電所を見学してきました。
テラ46
川越火力発電所は総出力480.2万kwで世界最大級の火力発電所です。
(この数値は世界最大と説明を受けたけど、「世界最大級」とアナウンスしているのはなぜか、結局聞けませんでした。)
個人でも見学可能になっています。まず、見学の方法を紹介しておきましょう。
(これは2007年8月の情報です。見学される方は事前に確認願います。)

10名以上の団体であれば、随時予約を受け付けてくれますが、家族単位での見学は日曜日・祝日に開催している「発電所探検ツアー」に参加となります。
定員は40名、先着順となっていますので、注意が必要です。1日2回、10:30と14:00 なっていました。
20名までは事前に電話予約ができますので、予定がはっきりしている人は電話予約(0593-63-6565)
がお勧めです。
現地は食事を提供している施設がないみたいなので、「川越電力館テラ46」の見学も予定している場合、昼食後、午後の部に参加した方が無難かも知れません。
そのせいか、午前の部は余裕があるみたいですね。まあ、発電所の見学が済んだら一旦外に出て昼食後に戻ればいいのかも知れませんけど。

さて、私は午前の部に参加しました。受付はテラ46の3階となっています。
テラ46は地球46億年の歴史とエネルギー、地球環境について学べる施設です。
外観は巨大な地球儀を模した建物です。

それでは「発電所探検ツアー」に出かけましょう。

「発電所探検ツアー」ではまず簡単な注意事項、ツアーの概要などの説明を受けます。
その後、約40分間の見学ツアーが始まります。
以下、見学で学んだことを自分なりにまとめてみたいと思います。

発電機は大きく分けて、1号機、2号機、3号系列、4号系列の4つになります。
3号4号が「系列」となっているのは、3号4号は7台の発電機が一つのセットになっており、それを一つと数えているためです。1系列で170.1万kwそれが2系列稼働しています。
1号機、2号機は各70万kwです。
1号2号と3号4号ではかなり違う方式ですが、見学できるのは3号系列のみです。

まずは発電所の外観を見ていただきましょう。
発電所外観
太い煙突と細い煙突の2本が立っていますが、高さはどちらも200メートルだそうです。左の太い方が3号系列、4号系列、右の細い方は1号機、2号機のものです。
燃料はどちらも液化天然ガス(LNG)なので、条件によっては水蒸気が出る程度で煙などは出ていません。

3号系列、4号系列の燃料は東側のタンクより供給されます。
燃料タンク
1週間でタンク一つ分のLNGを消費するそうです。液漏れに備えた外周の防壁は高さ11メートルこれで万が一の事故があっても燃料の流出を防げます。


3号4号系列はコンピューターで集中制御されています。
遠隔操作が可能なため、事務所上階に設けられた中央制御室は作業員に優しい3つの要素、明るい、静か、広いを備えています。最低人数3人で発電所の管理が可能だそうです。
制御室左  制御室右
左がLNGの制御  右が3号4号系列発電機の制御です。

それでは、3号系列を直接見せてもらいましょう。
タービン
整然と並んだ7基の発電機は見る者を圧倒します。
左端の作業員さんから1基の大きさが測れると思います。
タービン2
各発電機は間違いを防ぐため大きな色分けされた数字が書かれています。
そして、山側の3号系列は山形のマークと山をイメージする緑色を上部に配色し、海側の4号系列は波のマークと海をイメージするブルーが使われています。

発電所建屋内は高回転で回る発電機の高周波音と燃焼温度1300度のタービンの熱で、
暑くてすごい騒音です。壁には吸音材が施され、音を軽減し外部への漏れも防いでいます。
発電機は「コンバインドサイクル発電」を採用しています。
約40分の見学を終え、外に出ました。 最初来た時より煙突に親近感が(笑)
煙突